『海星』、その誕生と日本のセイルトレーニング

元 財団法人日本セイルトレーニング協会 常務理事事務局長 今井常夫

ENGLISH PAGE


帆船「海星」


   1991年9月から航海を開始した日本初のセイルトレーニング帆船『海星』は、日本の海を離れる2004年6月までの12年9ヶ月の間にのべ2万5千人以上ものトレイニーを乗せ、ヨーロッパの海から大西洋、アメリカ東岸、カリブ海、パナマ運河、アメリカ西岸、太平洋、そして日本中の海を巡り、韓国、中国、香港など東アジアまでその航跡をしるした。『海星』の誕生と、さらに日本のセイルトレーニングについて、この「海星記念館」サイトにアクセスしてくれた皆さんといっしょに振り返ってみたい。

帆船の復活
  帆船の外洋航海を通じて、決断力、真の勇気、チームワーク、自分への自信を体験から身につけるのがセイルトレーニングだ。4000年とも言われる歴史を持つ帆船だが、セイルトレーニングは帆船が現役の海上輸送手段としてその役割を終えた後に誕生したものだ。商船や海軍の士官候補生の教育として帆船が今なお活用されているが、航海技術の習得よりも精神的な育成を目的としている。
 日本には海洋文化がない、日本人は海洋民族ではない、だからセイルトレーニングは日本に根付かなかったんだ、と海事関係者の間でも自虐的に語られることが多いが、決してそんなことはない。明治時代には大型4檣バーク『大成丸』が商船学校の学生を乗せて世界一周の航海を成し遂げ、続いて大型4檣バーケンティン『進徳丸』、4檣バーク『日本丸』『海王丸』が誕生し、民間でも小型ブリガンティン『義勇和爾丸』が一般の青年を乗せて1934年に東南アジア一帯への遠洋航海をおこなうなど、第2次大戦前まで世界でも屈指のセイルトレーニング活動を展開していたことを忘れてはならない。
 ヨーロッパでも世界大戦の間セイルトレーニングは長い間中断を余儀なくされていたが、戦火を免れて残った帆船を一堂に集めて最後の晴れ舞台を与えようと、1956年、英国のトーベイからポルトガルのリスボンまでの帆船レースが開催された。帆船の時代の終わりとなるはずだったこのレースは、逆にヨーロッパ中で熱狂的な支持を得て、その後定期的に開催されることとなった。これをきっかけに帆船による航海が船員の教育ばかりでなく、一般の若者の精神的な成長に見事な効果を発揮することが認められるようになり、セイルトレーニングが世界中に広まっていったのだった。
 そして1970年、オランダのアムステルダムで市制700年を記念した一大イベント「セイル・アムステルダム(Sail Amsterdam)」が開催されると、帆船パレードは国際的な海洋イベントとして不動の地位を築き始めた。

インディペンデンス・デイ
  戦後の復興を始めた日本でも『日本丸』『海王丸』が商船教育の練習航海に復帰し、毎年おこなわれるハワイへの遠洋航海は船員を志す若者の憧れとなっていた。
 1976年、アメリカ建国200年の7月4日の独立記念日にニューヨークのハドソン河で開催された帆船パレードに『日本丸』が太平洋を越えて初めて参加し、NHKでその航海とパレードの様子が放送された。日本国内で一般の人々が帆に風を受けて走る帆船の姿を目にしたのは、実はこれが初めてのことだった。私自身、商船大学への進学を心に決めていた当時、NHKのニュースで中継されたハドソン河をゆく『日本丸』の姿に胸を熱くしたことを昨日のように覚えている。
 帆船の写真家として後年著名になる中村庸夫氏、桜井隆彦氏がデビューしたのも、このアメリカ建国200年の帆船パレードでの取材だった。そして彼らの取材の指導をしたのが、1975年にセイル・アムステルダムを日本人で初めて撮影した毎日新聞写真部の東康生氏だったのだ。東氏は後年、大阪市のセイルトレーニング帆船『あこがれ』による2000年の大西洋横断帆船レースに同乗取材することになる。
 まさに日本にとっても、帆船の世界が一部の船乗りたちだけのものではなく、広く日本国民のものとして一般に知られるようになって行く上での“インディペンデンス・デイ”となったのだ。

海よお前が
 アメリカ建国200年をきっかけに帆船の写真集も数多く出版され、『日本丸』『海王丸』とも国内の寄港地でも憧れと注目を集めるようになってきたが、この当時の日本にはまだ一般の人が帆船に乗る機会はなく、帆船に乗るためには商船大学か商船高専に、しかも航海学科に進むしか道はなかった。
 建造から50年を迎えてさすがに老朽化の目立ってきた『日本丸』『海王丸』に、1979年から代替船建造運動が開始された。当時、運輸省(現在の国土交通省)から求められた新しい『日本丸』の建造予算に対して、大蔵省(現在の財務省)が「ロマンに付ける予算はない」と返答したことが大きく報じられたものだった。
 この代替船建造運動の一環として、1980年には舞台演出の巨匠、蜷川幸雄監督による映画「海よお前が〜帆船日本丸の青春」がロードショー公開されるなど、帆船ブームとまで呼ばれるようになっていた。この映画は、実際の全国の商船高専の学生が出演して、船長には田村高廣、専任教官に柳生博、航海士に監督である蜷川自身のほか、原田大二郎、山田吾一など豪華キャストという異色の映画だった。
 東京商船大学(現在の東京海洋大学)4年に在学しており、学生祭実行委員長していた当時、朝日新聞に掲載された映画制作の新聞記事に興味をかきたてられた私は、フィルム編集中のスタジオを訪ねた。鋭い切れ味ながらも気さくな蜷川氏と話をしているうち「ところで君は帆船に乗るのか?」と聞かれ、「いいえ、帆船に乗りたくて商船大学まで進んだのですが、視力が足りなくて機関学科なので帆船の実習はないんですよ…」と答えた。それに対して「でも外国にはいろんな帆船があるらしいじゃないか。それには乗れないのか?」と切り返された瞬間、私の心の中に小さな灯がともった。

帆船からセイルトレーニングへ
 以前から集めていた帆船のスクラップ記事に、学習雑誌で紹介された英国帆船『サー・ウィンストン・チャーチル(Sir Winston Churchill)』に乗った女の子の記事を思い出した。また世界の帆船を紹介した毎日新聞東氏の写真集に小さく「青少年の訓練に活用されている」と書かれていた。しかし今のようにインターネットで瞬時に世界中の情報が手に入る時代ではない。帆船のある国の大使館に1件ずつ連絡先を問い合わせていると、英国大使館からセイルトレーニング協会(STA)の紹介を受け、さっそく手紙を送ったところ、「外国人も歓迎するのでぜひ参加しては?(Foreigners are welcomed. How about sending one of your representatives to sail with us?)」との返事が届いた。
 こうして1982年7月、私は英国セイルトレーニング協会(STA)のスクーナー『マルコム・ミラー(Malcolm Miller)』の2週間の航海に日本人として初めて乗船し、さらに下船後に英国のファルマスからポルトガルのリスボンにかけて開催された帆船レース「リスボン・セイル(Lisbon Sail)」のスタートを取材することができた。
 英国各地から集った若者たちとの英仏海峡での航海、そしてファルマスの湾を埋め尽くしたヨットから大型帆船までの何百というセイル・・・このときに受けた鮮烈な感動はそのまま私の原動力になった。
 この乗船体験記をヨット雑誌「KAZI」に掲載し、「いつか日本でもこのような帆船を」と書いたところ、多くの方から編集部に手紙が届いた。こうした反応があるのは珍しいらしく、編集部でも帆船の人気に驚いていた。これをきっかけに、日本にセイルトレーニングを発足する道を具体的に模索するようになり、帆船小説の翻訳家として著名な高橋泰邦氏を会長に「日本トール・シップ・クラブ」を結成した。
 一方、私が英国に渡った翌年、大阪市では1983年、港湾局の主導によって大阪城築城400年を記念して日本初の帆船パレード「’83大阪世界帆船まつり」が開催された。まだ造成中だった南港と天保山ターミナルを埋め尽くした150万人もの市民は、実際に帆走する大型帆船の姿を初めて目の当たりにし、その迫力とスケールの大きさに魅了されたのだった。この「’83大阪世界帆船まつり」は、セイル・アムステルダムのことを知った大阪市港湾局によって発案されたもので、実現に至るまでには気の遠くなるような準備がなされた。
 さらに1984年には『日本丸』二世が竣工。また世界中の若者が各国でエクスペディションプログラムを展開する「オペレーション・ローリー(Operation Raleigh)」が英国の科学探検協会により開始され、わずか72総トンの木造帆船『ゼブ(Zebu)』がフラッグシップとして世界一周航海を実施するなど、帆船をめぐる波が大きく動き始めた。日本では日本電装株式会社(現在の株式会社デンソー)をスポンサーに、「オペレーション・ローリー日本委員会」が組織された。
 さらにヨット『巴流』に乗って親子4人で太平洋、大西洋を横断し、日本でのアウトワード・バウンド・スクール(OBS)発足を夢見ていた内海勝利氏が静岡海洋スクールを発足させたのもこの年である。海と帆船と若者をつなぐ動きは日本でも確実に芽生え始めていた。
 大阪市では、帆船パレードの大成功をきっかけに次のプロジェクトが模索され始めていた。来航した帆船の中に、女性だけの訓練生で大阪港にやってきた香港OBSの帆船『志風(Ji Fung)』があった。それを見た当時の佐々木伸港湾局長が、大阪市民のための帆船を夢に描き、1985年から市民海洋カレッジ帆船建造計画に着手したのだった。ちなみに同年、引退した初代『日本丸』が横浜市みなとみらい地区に保存公開され、大阪市は『海王丸』の保存招聘に名乗りを上げ、富山県と誘致合戦を展開していた。日本がアメリカスカップ(America’s Cup)へのチャレンジを始めたのもこのころである。
  次のページへ